型番

空圧カウンタ / ロジックコントローラ / タイマー

電気を使用できない場所では、電気機器の代わりに、空圧カウンタ、 ロジックコントローラ及びタイマーが使用されます。これらの空圧システムは非常に正確で、他の環境でも使用できます。 特に、電力不足が発生してもデバイスが動作し続ける必要がある場合に最適です。RSコンポーネンツでは、SMC、 Parker、Norgrenなどの主要メーカーと提携し、豊富な製品を取り揃えています。

空圧カウンタ

空圧カウンタは、指定の圧力範囲内で機能し、圧縮空気のパルスをカウント及び集計します。 次にそれが数値的に変換され、機械式デジタルディスプレイに表示されます。エア圧用カウンタには、積算カウンタとプリセットカウンタの2種類があります。積算カウンタは各空気パルスを集計して、特定の時間内のパルスの合計数を表示します。 一方、プリセットカウンタは動作シーケンスを監視及び制御し、それらを数値形式で表示します。積算カウンタは生産カウントや流量の記録に使用され、プリセットカウンタは、充填、キャップ付け、ラベル付けなどの動作シーケンスが行われる、 高速の消費財産業で使用されます。

エア圧用ロジックコントローラ

ロジックコントローラは、産業プロセスの制御で特定の処理を実行するために使用されます。これらの処理はANDユニット、 ORユニット、 ブースターユニット、及びタイマにより実行されます。エア圧用ロジックコントローラは、リレー、 エア圧用タイマスイッチ、及びカウンタと同様の機能を実行しますが、 制御媒体として電流の代わりに圧縮空気を使用します。エア圧用ロジックコントローラは、 電流ではなく圧縮空気を使用して動作するため、埃や湿気にさらされる環境で便利です。

エア圧用タイマ

エア圧用タイマは、産業システムで、空気入力信号を正確に制御するために使用されます。ほとんどのエア圧用タイマでは、チャンバ及びピストンを使用して時間を計測しますが、 ただし、 スプリングダイアフラム及び体積充填技術など、 他のメカニズムを使用することもできます。エア圧用タイマは、鉱業や石油ガス産業など、電流が望ましくない、 制限されている場合、 使用できない場合、 又は危険な場合に使用されます。 これは正確な時間制御が重要な場合に使用できます。標準タイマ(プラグイン型タイムスイッチなど)のように電流ではなく、 ピストンと制御バルブを使用するため、 エア圧用タイマでは、火災や爆発を引き起こす可能性のある火花が発生しません。