型番

空圧ロジックコントローラ

エア圧用ロジックコントローラは、 エアロジックコントローラとも呼ばれ、 産業プロセスの制御で特定の処理を実行するために使用されます。これらの処理はANDユニット、 ORユニット、 ブースターユニット及びタイマーで実行できます。

エア圧用ロジックコントローラは、リレー、 エア圧用タイマスイッチ、及びカウンタと同様の機能を実行しますが、 制御媒体として電流の代わりに圧縮空気を使用します。これは3方向及び4方向のミニエアバルブに似ており、 空圧式アクチュエータで、オン、オフ、又は一時停止などの 特定の処理を実行します。

RSコンポーネンツでは、 エア圧コントローラ製品群に、 Crouzet、 Festo、 Norgren、 Parker、SMCのような大手メーカーの製品を取り揃え、 多様な接続タイプとロジックタイプを用意しています。

エア圧用ロジックコントローラの用途

エア圧用ロジックコントローラは、電流ではなくて圧縮空気を使用して動作するため、 埃や湿気にさらされる環境に適しています。空圧システムは、湿気に接触しても故障したり、損傷したりしません。電気を必要とするコントローラではなく、エア圧用ロジックコントローラを使用すると、非常に燃焼性の高い材料を扱う場合に、制御媒体である 圧縮空気が 発火しないため、火災や爆発の危険を低減させることができます。

エア圧用ロジックコントローラのタイプ

エア圧用ロジックコントローラは、ピン接続、 バス接続、 ソケット又はプラグなど、使用する接続の種類で分類されます。エア圧用ロジックコントローラを選択する場合は、 適切な製品を選択するために考慮すべき要因がいくつかあります。特に、 エア圧用ロジックコントローラを購入する際には、お客様の用途における動作温度及び圧力範囲を考慮する必要があります。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数