検索キーワード履歴

    シグナルコンディショナ

    シグナルコンディショナは、あるタイプの電子信号を別のタイプの信号に変換する装置です。主な用途は、従来の計測機器では読み取ることが困難な信号を、読みやすい形式に変換することです。
    動作原理
    シグナルコンディショナは、増幅、フィルタリング、変換、レンジマッチング、分離など、処理に適したセンサ出力を得るのに必要なさまざまなプロセスを実行できます。センサからの入力をシグナルコンディショナに接続することで、シグナルコンディショナは特定の入力タイプを、使用する計測機器に必要な出力タイプを生成する信号に変換することができます。
    シグナルコンディショナの種類
    • DINレール取り付け - DINレール取り付けシグナルコンディショナは、DINレールブラケットに取り付けるタイプで、その堅牢な取り付け形式により産業用途で普及しています。
    • バックプレーン取り付けコンディショナ - バックプレーンスタイルは、1つの共通コネクタを介してすべての出力信号にアクセスできるという利点があります。バックプレーン信号コンディショナは、データ収集システムでよく使用されます。
    • デジタルセンサシグナルコンディショナ - デジタルシグナルコンディショナの出力は、RS232、RS485又はイーサネットなどのデジタル形式に変換されます。デジタル信号は、電気ノイズに対する高い耐性を提供し、長い伝送距離もサポートできます。
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数