型番

ドアアクセス制御システム

事務室と作業場のセキュリティは重大な問題です。安全とセキュリティのために、制限領域にアクセスできる従業員を管理することが重要になります。RSコンポーネンツのアクセス管理キットは、要求されるセキュリティレベルに応じて、精査するさまざまな対象を提供できます。これらを利用すると、職場のあらゆる用途で、ドアエントリシステムを実現できます。

ドアエントリシステムとは

ドアエントリシステムは、正しいトリガで発動されるまで、機械的 / 電子的にドアをロックするシステムです。トリガとしては、キーパッドのアクセスコード、キーカード、指紋識別などのバイオメトリックトリガまで使用できます。代表的な物理的鍵とは異なり、コードやIDカードはカスタマイズできるため、これらのトリガは、精査した人物に限定して入室を許可できる有効なソリューションになっています。

RSコンポーネンツのドアエントリシステムには、耐破壊性に優れたカードリーダー、屋外用のコードロック、高度な高精細プリントリーダーなどがあります。

ビデオドアエントリシステムとは

ビデオドアエントリシステムは、代表的なアクセスエントリキットとほぼ同じですが、入室者を視覚的に確認できるように、ビデオカメラが追加されています。ビデオドアエントリでは、リモートロックリリースでドアをロック解除する前に、デジタルビデオ又はCCTVで入室希望者の物理的な特徴を監視できます。通常、電話又は内線システムと併用して、入室希望者を必要に応じて音声でさらに精査することができます。予期せぬ訪問者又は未確認の訪問者がセキュリティドアにやってくる可能性がある場合、ビデオドアエントリシステムは、このようなドアをリモートで精査できる優れたシステムになります。

ランダムな引き留め / 持ち物検査

どんなに高度なドアエントリシステムでも、セキュリティ担当者の存在と物理的な持ち物検査が避けられない場合もあります。ランダムな引き留め / 持ち物検査対象セレクタは、人が施設に出入りする前に、人の持ち物検査を行う必要がある場合に最適です。警戒すべき対象が、持ち込み禁止の物を制限領域に持ち込もうとする人であろうと、会社の所有物を持って施設から出ようとする人であろうと、施設を出入りする人をすべて対象として持ち物検査をすることは現実的ではありません。多くの場合、それは非合理な対応となってしまいます。ランダムな引き留め / 持ち物検査対象セレクタは、事前に選択した間隔で警告を出すように設定できます。したがって、持ち物検査のプロセスには、差別意識が入り込む余地がありません。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数