検索キーワード履歴
    TDA

    オーディオアンプIC

    オーディオアンプICは、オーディオ用途の電子回路内で使用されるデバイスです。オーディオアンプは、信号の強度や振幅の増大、制御、増幅を行い、オーディオ信号の音質と品質を高めるために使用されます。


    オーディオアンプIC を使うメリット


    オーディオアンプICは増幅回路のサイズを大幅に縮小するのに有用で、小さなフットプリントで様々な増幅回路を実現できます。素子の特性を高い精度で合わせることができるので小型化を必要とする回路に有利です。また、オーディオアンプICを使用することで、部品点数を減らして製造コストを下げられる場合もあります。


    オーディオアンプICの種類


    アンプ回路を構成するトランジスタのバイアス方法により、クラスA(A級)、クラスB(B級)、クラスC(C級)、クラスD(D級)、クラスAB(AB級)に分類表示されます。


    オーディオアンプICの用途


    オーディオアンプICは、カーステレオ、ヘッドフォン、スピーカー、テレビなどによく使用されています。また、ラインドライバ、超音波ドライバ、電力コンバータ、無線アンプなどの電子回路にも使用されています。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数