検索キーワード履歴

    コンパレータ

    コンパレータは、2つの電圧が印加されると、どちらが大きいかで出力が切り替わる回路です。アナログICや各種センサ、コンバータなどに使用されています。


    コンパレータの使い方


    コンパレータはプラスの入力端子、マイナスの入力端子、プラス電源端子、マイナス電源端子、出力端子の五つの端子で構成されています。どちらか一方の入力端子を基準端子とし電圧を固定し、この基準電圧ともう一方の端子に入力される電圧の差を増幅し、HighまたはLowを出力します。


    • プラス入力端子の電位 > マイナス入力端子の電位が成立すればHighレベルを出力

    • マイナス入力端子の電位 > プラス入力端子の電位が成立すればLowレベルを出力

    コンパレータとオペアンプの違い


    コンパレータはオペアンプと同様な端子構成となっていますが、コンパレータは二つの入力端子間の電位差で出力が決まり、オペアンプはほぼ同じ電圧を入力端子に印加することで機能します。


    オペアンプは回路内で負帰還(ネガティブフィードバック)が構成されていますが、コンパレータには負帰還回路が構成されていません。これがコンパレータとオペアンプの大きな違いです。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    人気検索キーワード