コンパレータ

コンパレータとは、2つの電圧または電流など、測定値とリファレンス(基準値)を比較し、その結果として出力が切り替わる素子です。+入力端子、-入力端子、正側電源端子、負側電源端子、出力端子の5端子で構成されています。どちらか一方の入力端子を基準端子として電圧を固定し、この基準電圧ともう一方の端子に入力される電圧の差を増幅し、デジタル信号出力をします。

特長

  • 負帰還回路を構成しないため、位相補償回路は不要です。一般的なオペアンプを使ってコンパレータを組んだ場合と比較すると、高速動作が得られます。
  • 信号の出力信号形式が、TTL/CMOSレベルやオープン・コレクタ、プッシュプルなどで多く用いられています。
  • ヒステリシス機能を持たすことで、ノイズ防止を行うことができます。

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

選択した条件に当てはまる商品がありません。条件を変更してください。