検索キーワード履歴

    カレントループトランスミッタ

    カレントループトランスミッタは、標準のカレントループでアナログ信号を伝送するように設計されたデバイスです。カレントループは、電流の変化で信号を伝送する方式で長距離にわたるループ上の任意の点で、配線抵抗に関係なく、一定の電流を実現できます。また、入力と出力は電気的に完全に分離され、誤った信号から機器を守ることができます。そのため、アナログ信号を長距離伝送するのに最も一般的な通信方式の1つとして使用されています。


    カレントループトランスミッタの種類


    カレントループトランスミッタには2線式、3線式、4線式があり、回路全体の消費電流に合わせて使用されています。この中で最もよく使われるのは、2線式のトランスミッタでフィールドで計測した圧力、位置、温度、レベル、張力、荷重、流量、水や大気などの物理的な数値をアナログ入力モジュールに伝送するために使用されます。この型式のトランスミッタは2本の配線のみで動作します。


    カレントループトランスミッタの用途


    カレントループトランスミッタは産業設備などが発する大きなノイズ電圧に対しても、非常に安定した高い精度でデータ伝送できるため、産業用ファクトリ・オートメーションや制御のアプリケーションで用いられています。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数