検索キーワード履歴

    オペアンプ

    オペアンプ(オペレーショナルアンプリファイア、OPアンプ)とは、微弱な入力信号を増幅し出力する集積回路、アナログ電子回路で一般的に使用されている半導体デバイスです。増幅回路、コンパレータ、積分回路、発振回路など様々な用途に適しています。


    オペアンプの動作


    オペアンプは、二つの入力端子(非反転入力端子と反転入力端子)と一つの出力端子を備え、入力端子間の電位差によって動作します。反転入力の電圧を上げると出力電圧が低下します。逆に非反転入力の電圧を上げると出力電圧が上昇します。両方の入力に同じ電圧が供給される場合には、出力は変わりません。


    オペアンプの種類


    オペアンプは用途によって次のような種類があります。



    • 汎用オペアンプ

    • 高精度オペアンプ

    • ローノイズオペアンプ

    • オーディオオペアンプ

    • 高速オペアンプ

    • パワーオペアンプ

    • ローパワーオペアンプ

    • レール・ツー・レール (Rail-To-Rail) オペアンプ
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数