型番

オーディオ / ビデオプロセッサ

オーディオ / ビデオプロセッサは、伝送前にオーディオ / ビデオ信号を増強及びクリーンアップするように設計された集積チップです。

オーディオ / ビデオプロセッサの動作

オーディオ処理は、デジタルとアナログの両方で利用できます。アナログオーディオ処理は、音波を電気信号に変換します。信号は音波のように見え、歪みが最も少ない状態で処理されます。デジタルオーディオ処理は、オーディオ信号をデジタル形式に変換します。変換結果は、通常、コンピュータで解釈できるバイナリコードになります。「デジタル」では、音が連続波から別の情報に変更されますが、耳に聞こえる音に違いはありません。

ビデオ処理では、信号処理を使用してビデオ信号を最適化し、クリアなビデオストリームを実現します。これにはさまざまな機能があります。 たとえば、

  • 縦横比の制御 - これにより、ビデオ画像が正しいサイズを保ち、歪むことがなくなります。
  • アップコンバージョン - これは標準画質(SD)信号をHD画質に変換するプロセスです。
  • リップ同期 - この機能により、ビデオのオーディオビジュアル部分が完全に同期されます。
  • エッジ強調 - ビデオプロセッサは、被写体と背景の間のエッジを検出し、コントラストを上げて、より鮮明なビデオ画像を生成します。

オーディオ/ ビデオプロセッサの用途

オーディオプロセッサは、次のような用途で広く使用されています。

  • ストレージ
  • データ圧縮
  • 音楽情報
  • 伝送

ビデオプロセッサは、次のようなさまざまな用途で使用されています。

  • DVDプレーヤー
  • テレビ
  • Blu-Rayプレーヤー
  • AVレシーバ

積載

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0
人気検索キーワード