型番

トランスインピーダンスアンプ

トランスインピーダンスアンプ(TIA)は電流から電圧へのコンバータで、各種センサからの電流出力を比例電圧に増幅するために使用されます。TIAは、電圧応答より直線性の高い電流応答を備えたセンサと併用します。

トランスインピーダンスアンプは、電流-電圧コンバータ又はIVコンバータとも呼ばれます。

パッシブかアクティブか?

  • パッシブ電流-電圧コンバータでは、受動素子のみを使用します。ただし、適切な動作には、理想的な電流源と出力負荷が必要であるため、この種類のアンプには限界があります。出力負荷抵抗は無限大に近く、 電流源からの電流は電圧とは独立している必要があり、電流源には無限の内部抵抗が必要です。これらの条件を達成することはほぼ不可能なので、 電圧コンバータへのパッシブ電流は、ほとんど使用されません。
  • 電圧コンバータへのアクティブ電流は、バイポーラジャンクショントランジスタ(BJT)、 電界効果トランジスタ(FET)、オペアンプ(opamp)などの能動素子に基づいています。最も一般的な組み合わせは、トランスインピーダンスアンプをオペアンプと併用することです。

トランスインピーダンスアンプの主な用途

多数の電子機器を日常的に使用するため、トランスインピーダンスアンプの用途には、さまざまなものが考えられます。トランスインピーダンスアンプでは、サーボ機構や照度計など、より高度な回路も実現可能です。

トランスインピーダンスアンプの精度とは

精度は信号の状態、 ヒステリシス、直線性などの側面によって異なる場合があります。また、 動作温度と環境条件も精度に影響します。これを改善するには、ノイズフィルタなどの追加の回路集積素子を使用します。

TIAの最も重要な仕様

TIAの種類を選ぶ前に、 次のようないくつかの重要な値を考慮する必要があります。

  • 帯域幅
  • ノイズ
  • 信号帯域幅
  • ゲイン
  • 静電容量

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数