型番

デバッガ / インサーキットエミュレータ

デバッガ及びインサーキットエミュレータは、ソフトウェアでコードのデバッグを実行し、組み込みシステムにウィンドウを表示するように設計されたデバイスです。

デバッガ及びインサーキットエミュレータの動作

デバッガとインサーキットエミュレータは、プロセッサを使用してシステムの主な機能を実行し、デバッグ操作をサポートします。これにより、プログラマはエミュレータを使用して、プログラムを組み込みシステムにロードして実行できます。また、システムソフトウェアで使用される情報を表示して変更することもできます。

ほとんどの組込みシステムにはソフトウェアとハードウェア要素が含まれているため、デバッガのインサーキットエミュレータを使用すると便利です。これにより、インサーキットエミュレータのソフトウェア要素を実行して、ハードウェアでテストすることができます。この段階では、開発者が問題のあるコードを特定することもできます。

デバッガとインサーキットエミュレータの種類

デバッガキットとインサーキットエミュレータキットにはさまざまな種類があり、キットの種類や、何と併用できるかなどが、それぞれに異なっています。

使用可能なデバッガの種類に、インサーキットデバッガがあります。これは、コンピュータとターゲットのマイクロコントローラテストシステムを接続するハードウェアデバイスです。簡単かつ迅速にリアルタイムアプリケーションをデバッグするために使用されます。これにより、プログラマはPIC (フォトニック集積回路)でブレークポイントを作成し、 コードを実行し、 シングルステップで変数とハードウェアレジスタを確認できるようになります。

用途

デバッガとインサーキットエミュレータには、次のようなさまざまな用途があります。

  • 産業用通信
  • IT
  • オートメーション及び制御

積載

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0