型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

チッププログラマ / デバッガ

RSコンポーネンツでは、チッププログラマ、 アダプタ、 デバッガ、UVイレーサを各種取り揃えており、あらゆるプログラミング、 ソフトウェアの設定又は消去のニーズに応えます。当社の装置は、EPROM、 EEPROM、フラッシュ、 GAL、マイクロコントローラなどのチップに幅広く対応しています。

チッププログラマ

チッププログラマは ICプログラマ又はデバイスプログラマとも呼ばれ、メモリチップのプログラミングを可能にする開発ツールです。メモリチップは、プログラム、 データ又はその両方を保存できるデバイスです。プログラミングツールには主に、 プログラマ上のソケットを使用してターゲットデバイスを直接設定するツールと、 基板上のデバイスを設定できるツールの2種類があります。

ソケット構成

シンプルで使いやすい ソケットプログラミングツールを使用すると、プログラマの上側のソケットにデバイスを挿入できます。ソケットは一般に、ZIF (ゼロ挿入力)ですが、デバイスがDIPパッケージでない場合、通常は、別のソケットのフットプリントに変換するプラグインアダプタが使用されます。

直接プログラミング

直接プログラミングでは、 プログラミングツールは、コネクタ又は特殊ケーブルで基板に接続されます。この方法は、一般に、オンボードプログラミング又はインサーキットプログラミングと呼ばれています。デバイスプログラマは、PCに接続するために、パラレルポート、 USBポート又はLANインターフェイスを使用します。PC上のソフトウェアプログラムは、プログラマにデータを転送してから、プログラミングプロセスを開始するデバイスにデータを転送します。

チップデバッグ

チップデバッグツールは、デバッグ操作をサポートするために使用されます。ICE (インサーキットエミュレーション)ハードウェア機器は、インサーキットエミュレータを使用して、組み込みシステムのソフトウェアをデバッグします。エミュレータは、プログラムを組み込みシステムにロードします。プログラムが実行され、ステップ単位に少しずつ問題を特定します。一方 オンチップデバッグ又はJTAGでは、デバッグインターフェイスを追加して、稼働中のハードウェアに接続します。

UVイレーサ

UVイレーサは、EPROMに保存されているデータを消去するために使用されるツールです。このツールは、十分に調整された紫外線を照射することで酸化ケイ素の内部をイオン化させます。これにより、フローティングゲートに保存されている電荷が放散又は消去されます。

チッププログラミングアダプタ

チッププログラミングアダプタは、チッププログラマと併用するアクセサリです。このアダプタは、プロトタイプ作成及び開発に使用され、ICパッケージを変換して、他のパッケージタイプ(PLCC、 DIL、DIPなど)のプログラミングができるようにします。