型番

位相 検出 器

位相検出器は、アナログマルチプライヤ、 周波数ミキサー又は電圧信号を生成するロジック回路として機能するタイプの半導体デバイスです。この検出器で、2つの信号入力間の位相差を表します。位相検出器はPLL (フェーズロックループ)の基本要素です。

位相検出器の種類

位相検出器には、主に アナログ相検出器、 デジタル相検出器、位相周波数検出器の3種類があります。

特に、位相周波数検出器は、4つのフリップフロップ回路で構成されています。この回路がたどるロジックによって、2つの信号のうちのどちらで先にゼロクロスが発生しているかが特定されます。 また、ゼロクロスをより頻繁に使用する信号も特定されます。マルチプライヤなどの単純な位相検出器構成に比べて、 この位相周波数検出器は、ロック時間とプルイン範囲を改善するように設計されており、PLL用途における「誤ロック」状態も防止します。

位相周波数検出器の用途

位相検出器は、次のような幅広い用途で使用されています。

モータ制御

通信システム

復調器

レーダーシステム

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数