検索キーワード履歴

    デジタルアッテネータ

    可変アッテネータは、信号レベルが絶えず変化してもよい無線周波数アッテネータの一種です。アッテネータとは、波形を著しく歪ませずに信号の出力を低下させるデバイスのことです。これにより、回路が強すぎる信号を受信しないように保護します。RSでは、Analog DevicesやTexas Instrumentsなど、主要ブランドの高品質デバイスを幅広く取り揃えています。電子用途のあらゆるニーズに対応する製品をご覧ください。

    可変アッテネータは、信号レベルを頻繁に変更する必要がある場合に使用されます。これは、最終的に必要な信号範囲がはっきりしない場合や、精度を優先しなくてよい場合に役立ちます。アッテネータは、信号アンプの逆と考えられます。アンプは信号電力(又は振幅)を増大させ、アッテネータは減少させます。

    可変アッテネータの動作

    可変アッテネータの信号レベルは、手動又はリモートで変更されます。手動の可変アッテネータでは、 信号レベルは、デバイスを物理的に制御することで変更されます。 この操作には、調整ねじのようなものを使用します。リモートで制御する場合は、 モータ又はPINダイオードで可変電圧によって信号レベルを変更します。

    可変アッテネータの種類

    可変アッテネータは、振幅を変調する抵抗器として、PINダイオード又はMESFET (金属半導体電界効果トランジスタ)を備えています。また、平衡型又は非平衡型のパイパッド又はTパッド回路を使用できます。

    用途

    可変アッテネータは、多くの業界のさまざまな電子用途で使用されています。最も一般的な用途には、次のようなものがあります。

    • 携帯電話3Gインフラ
    • 電子レンジやラジオ
    • テスト装置やセンサ
    • IF用途やRF用途

    当社の可変アッテネータ製品は、業界標準のパッケージタイプ、 ピン数、実装タイプで提供されています。最大減衰レベルは、2 → 78 dB、最大周波数は、3 MHz → 50 GHzです。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数