検索キーワード履歴

    デルタシグマADC

    デルタシグマADC (アナログ-デジタルコンバータ)は,多数の要素でターゲット信号をサンプリングし,選択した信号タイプをフィルタリングします.生成された信号は,フィードバックされ,フィルタへの入力から差し引かれます.

    デルタシグマADCは,コアモジュレータ, 非常にシンプルな1ビットのアナログ部品,複雑なデジタル部品で構成されています.このタイプのADCは,ノイズシェーピングとオーバーサンプリングを利用して,高分解能変換を実現します.モジュレータは,アナログ入力信号をデジタル化し,ノイズを低減する役割があります.

    デジタルフィルタは,ADCに従ってサンプリングレートを低減し, 不要なノイズ信号をフィルタリングして,出力の分解能を向上します(シグマデルタ変調, デルタシグマ変調とも呼ばれます).

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数