検索キーワード履歴

    ブリッジダイオード

    ブリッジダイオードとは、ブリッジ接続された4個又は6個のダイオードをひとつのパッケージにしたダイオードモジュールです。交流を直流や脈流に整流するために使用するので、ブリッジ整流器とも呼ばれます。


    ブリッジダイオードの使い方


    ブリッジダイオードは、交流入力の負電圧側を反転して脈流を出力します。出力側をコンデンサで平滑することにより、直流電圧を出力することができます。ブリッジダイオードは、50/60 Hzの商用周波数を整流することを目的に作られたものが多く、ダイオードの一種として一般整流ダイオードが最も多く用いられています。スイッチング電源の二次側など高周波数に用いる場合は、ファストリカバリーダイオード、ショットキーバリアダイオードなど速い動作に適したダイオードを使用します。


    全波整流と半波整流の違い


    全波ブリッジダイオード(全波整流器)と半波ブリッジダイオード(半波整流器)は入力される交流信号の処理方法が異なるため、全体的な動作効率(出力電圧)が異なります。

    • 全波整流 - 交流入力のマイナス成分を積極的にプラス電圧に変換し、得られる信号全体を直流電力(パルス電流)に整流します。

    • 半波整流 - 負の電圧成分を変換するのではなく、1つのダイオードを使用して除去し、残りのブリッジ配列が信号の残りの半分を使用可能なDCに変換します。

    ブリッジダイオードの用途


    ブリッジダイオードは、様々な回路や電源に広く使われている電子部品です。主電源からの交流入力を直流出力に変換し、対象デバイスで使用可能な電力に変換することを主な目的とし、あらゆる家電製品や電気製品に使用されています。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数