ダーリントン トランジスタ

ダーリントンペアは、 ダーリントントランジスタとも呼ばれ、標準的なBJTトランジスタ(バイポーラ接合トランジスタ)のパッケージ2個で構成されたディスクリート半導体デバイスです。一方のトランジスタは高ゲインで、他方は高電流です。RSコンポーネンツでは、ON Semiconductor、 STMicroelectronics、 Texas Instruments、Nexperiaなど、一流ブランドの高品質のダーリントントランジスタを幅広く取り揃えています。

動作

一方のトランジスタのエミッタを他方のトランジスタのベースに接続して、実質的に1つのトランジスタを形成しています。回路から他の回路又はマイクロプロセッサへの弱い信号を増幅するために使用されます。つまり、センサ又はマイクロコントローラのI/Oピンからの微弱電流を増幅して大きな負荷を駆動できるということです。ダーリントンペアは、オン / オフのスイッチとして動作することもできます。このデバイスは、まとまって単一のトランジスタとして機能しますが、電流ゲインは大幅に高くなります。また、入力インピーダンスも単一のトランジスタより高くなります。

ダーリントンペアを使用する理由

ダーリントンペアは非常に高い電流ゲインを実現します。1つのパッケージ内で2つのトランジスタとして動作する ダーリントンペアは、基板(PCB)上のスペースを最小限に抑える非常にコンパクトなフットプリントになっています。

用途

高電流ゲインの場合、 ダーリントントランジスタは、駆動モータやリレーなどの電力用途に最適です。ダーリントンペアに最適な用途は、ディスプレイドライバ、 オーディオ出力、 パワーレギュレータ、 光センサ、 タッチセンサ、電源出力などです。ベース電流をすぐには遮断できないため、高い周波数を必要とする用途で使用することはお勧めしません。

種類

ダーリントンペアは、NPN (負-正-負)トランジスタ、 PNP (正-負-正)トランジスタ又はその両方で構成されます。

ダーリントンペアは通常、2通りのいずれかで提供されます。単一の集積回路(IC)パッケージに収められたアレイ(ダーリントンアレイ)、 又はシンプルな単一ディスクリート部品として購入できます。

標準的なパッケージタイプの例としては、SOT-23、 SOIC、 TO-220、TO-252 (DPAK)などがあります。


...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

3 件中 1 - 3 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) トランジスタタイプ 最大連続コレクタ電流 最大コレクタ- エミッタ間電圧 最大エミッタ-ベース間電圧 パッケージタイプ 実装タイプ ピン数 トランジスタ構成 回路構成 1チップ当たりのエレメント数 最小DC電流ゲイン 最大ベース-エミッタ間飽和電圧 最大コレクタ-ベース間電圧 最大コレクタ-エミッタ間飽和電圧
RS品番 826-8447
メーカー型番2SD1834T100
メーカーローム
¥54.95
購入単位は20個
NPN 1 A 60 V 7 V MPT 表面実装 3 シングル - 1 2000 - 60 V 1.5 V
RS品番 826-8434
メーカー型番2SD1383KT146B
メーカーローム
¥45.30
購入単位は30個
NPN 300 mA 32 V 6 V SMT 表面実装 3 シングル - 1 5000 - 40 V 1.5 V
RS品番 128-8847
メーカー型番BA12003B
メーカーローム
¥197.50
購入単位は10個
NPN - 60 V - DIP スルーホール 16 コモンエミッタ アレー7 7 1000 - - 1.6 V