検索キーワード履歴

    スイッチングダイオード

    スイッチングダイオードはスイッチのように電源回路を開閉する目的で使われるダイオードです。電源がアノードからカソード(順方向)へ電圧をかけると電流を流し (ON)、カソードからアノード(逆方向)へ電圧がかけると電流を止めます(OFF)。スイッチングダイオードはオン状態から完全なオフ状態になるまでにかかる時間が短いため、他のダイオードと比較してスイッチング特性が優れています。スイッチングダイオードは、整流や検波用として使われ小信号をスイッチングするのに適しています。電源回路において大きな電流の流れを制御するような用途にこのダイオードは使えません。また、ダイオードを回路保護装置として使用することで、スイッチングダイオードの上流側のデバイス(マイクロコントローラなど)が逆電流で破壊されないようにすることもできます。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数