検索キーワード履歴

    ツェナーダイオード

    ツェナーダイオードは、定電圧ダイオードとも呼ばれ、一定の電圧を得る為に使用されるダイオードです。ダイオードは順方向で使用するのに対して、ツェナーダイオードは逆方向で使用されます。通常のダイオードは、逆方向に電圧をかけても、ほとんど電流は流れないため、整流や検波などに利用されます。ところが、ある電圧(降伏電圧もしくはツェナー電圧という)を超えると、降伏現象と呼ばれる現象により、急激に電流が流れるようになります。ツェナーダイオードが一般のダイオードと異なる点は、定電圧を得る目的で、降伏電圧が大幅に低くなるように設計されています。そのため、サージ電流や静電気からICなどを守る保護素子として使用されます。


    ツェナーダイオードの種類


    ツェナーダイオードには、消費電力レベル、実装タイプなど、さまざまな構成のものが揃っています。また、次のような異なるタイプのものもあります。



    • アバランシェ

    • 双方向

    • ESD保護
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数