検索キーワード履歴

    I/Oエキスパンダ

    I/OエキスパンダはI2CバスやSPI等のインターフェースでマイクロコントローラから制御される半導体デバイス、マイクロコントローラとの組み合わせによってシステムの拡張性を広げることが可能となります。通常、マイクロコントローラの周辺ICとして使用されます。


    機能


    一般的にマイクロコントローラのピン端子として用意されているI/Oポートの数は限られています。エキスパンダはその1つのポートに接続して、その他のデバイスに対し複数の接続ポートを提供します。これによりデバイスを複数、同時に使用できます。USBポートやイーサネットポートなどによく利用されています。


    種類


    I/Oエキスパンダには、主に内部エキスパンダと外部エキスパンダの2種類があります。


    • 内部エキスパンダ ‐ コンピュータ内部(通常は、マザーボード)に接続されていて、ユーザーは拡張拡張プレートが見えるようになっている。ここに複数のデバイスを接続するポートが収納されています。

    • 外部エキスパンダ ‐ 外部エキスパンダを既存のポートに接続すると、複数の接続を利用できるようになります。スプリッタと呼ばれることもあります。
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    人気検索キーワード