インバータ

インバータIC (集積回路)は、ロジック機能を生成する半導体回路デバイスで、集積回路の主要コンポーネントです。CMOS インバータは、大多数の電子機器で使用されており、小さな回路の内部でデータを生成する役割を担います。

インバータICの動作

インバータICは、他のタイプの電界効果トランジスタの大半と同様に機能しますが、ゲートと半導体内の電子の分離は、酸素の層に依存します。このICは、電源、 電圧入力端子、 ゲート、 ドレイン、 電圧出力端子、 ゲートとドレインの両方に接続されるPMOS及びNMOSで構成されています。電圧入力端子に低電圧が印加されると、 PMOSはオンになりますが、NMOSはオフ状態を維持するので、 電子がゲートを流れるようになり、電圧出力端子がロジックハイになります。電圧入力端子に高電圧が印加されると、 PMOSとNMOSの両方がオンになり、 電子が電圧出力端子に到達しなくなり、電圧出力端子がロジックローになります。

インバータICの種類

次のような各種インバータICがあります。

ヘキサインバータ - ヘキサインバータは、6つのインバータを搭載する集積回路です。インバータは、デジタルエレクトロニクスの基盤です。多くの洗練されたデジタル機器でインバータが使用されています。 たとえば、マルチプレクサ、 デコーダ、 ステートマシンなどが該当します。ヘキサインバータは、さまざまな役割を果たしますが、ノイズの多い信号のクリーニング、 短い遅延の追加、 レベルシフト、 ロジックファミリ間での変換などを行える他に、 アナログアンプとしても機能します。ヘキサインバータをバイポーラトランジスタで構築して、処理速度を向上させることもできます。

シュミットトリガインバータ - シュミットトリガインバータは、アナログ入力信号をデジタル出力信号に変換するアクティブ回路の一種です。

インバータICの用途

インバータICには、次のような幅広い用途があります。

  • デジタルカメラ
  • モバイル機器
  • ホームコンピュータ
  • ネットワークサーバー
  • ルータ
  • モデム
  • ロジック機能を必要とする電子機器

...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

2 件中 1 - 2 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) ロジックタイプ 入力タイプ 出力タイプ 1チップ当たりのエレメント数 シュミットトリガ入力 最大伝播遅延時間 @ 最大 CL 高レベル出力電流 Max 低レベル出力電流 Max 実装タイプ パッケージタイプ ピン数 論理回路 寸法 高さ
RS品番 189-1860
メーカー型番M74HC14YRM13TR
メーカーSTMicroelectronics
¥16.66
2500 個
インバータ シュミット トリガー シュミットトリガ - 6 あり 190 ns @ 50 pF -5.2mA 5.2mA 表面実装 SO 14 HC 8.75 x 4 x 1.65mm 1.65mm
RS品番 189-1978
メーカー型番M74HC14YRM13TR
メーカーSTMicroelectronics
¥41.24
購入単位は25個
インバータ シュミット トリガー シュミットトリガ - 6 あり 190 ns @ 50 pF -5.2mA 5.2mA 表面実装 SO 14 HC 8.75 x 4 x 1.65mm 1.65mm