検索キーワード履歴

    マイクロプロセッサ

    マイクロプロセッサ(Microprocessor)とは、コンピュータにおける演算や制御などの機能を担う半導体チップのことです。「MPU」とも略されます。また、PCに関しては、CPU(中央演算処理装置)の同義語として扱われています。


    マイクロプロセッサの構造


    通常、マイクロプロセッサの内部は、命令の解釈や他の回路への動作の指示を行う制御ユニット、論理演算や算術演算を行う演算ユニット(ALU)、外部との通信を行うインターフェース回路、データの一時的な記憶を行うレジスタなどで構成されています。画像処理などのために、特定の種類の演算処理を高速化するための並列演算ユニットなどを搭載する製品もあります。


    マイクロプロセッサの応用


    マイクロプロセッサは、様々な計算処理や周辺機器の制御を担っているコンピューター内で最も重要なプロセッサです。汎用マイクロプロセッサの他、デジタル信号処理に特化したDSPや、画像処理用のGPUなど、各種用途に特化した設計のマイクロプロセッサも製品化されています。携帯電話、ゲーム機、電卓、スマートウォッチなどの小型携帯機器にも使われています。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数