型番

イメージセンサIC

イメージセンサは、オブジェクトを通過又は反射する光波や電磁波を、イメージを情報に変換するデバイスです。イメージセンサは、デジタルカメラ、医療用画像処理機器、暗視カメラ、サーマルイメージングデバイス、レーダー、ソナーなどを製造するために、写真及び映像撮影業界で一般的に使用されるデバイスです。


イメージセンサは、光を捉えて色を認識し、それをデジタル信号に変換する数千の超小型軽量感光性セルで形成されます。市場には、主に2つのタイプのセンサ(CCDセンサ及びCMOSセンサ)があります。CMOSセンサは形成方法がCCDセンサとは異なります。CCDのアンプは少数である点に対し、CMOSイメージセンサではピクセルごとにアンプが1つあります。

積載

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0