型番

安全バリア

安全バリケード は障害物で、 移動を防止し、潜在的に危険な場所や制限された場所へのアクセスを制限する構造物またはフェンスです。 安全バリケードは、環境や用途に応じて常設または仮設することができます。

作業場の安全性は、最も重要で、すべての従業員がその意識を高めておく必要があります。 環境およびその環境にいる人の安全性を確保するのは、全員の責任です。 バリケードの主な機能は、事故を防止し、人を保護することです。 また安全衛生法、 規制および法律の遵守も欠かせません。

さまざまな種類のバリケードが市販されています。 市販のバリケードは、主に常設タイプと簡単に動かせる仮設タイプの 2 種類に分類されます。 必要なものが何であれ、 優れた安全バリアは、視認性が高く(通常は明るい色)、明確な指示を示す必要があります。

安全バリケードの種類は次のとおりです。

仮設式

仮設バリケードにはボラード、 歩行者保護柵、 格納式ベルトバリア、 シザーバリア、 プラスチック製ワークゲートバリア、 ポストベース、 チェーンバリアなどがあります。 一般に、仮設バリケードは軽量で、取り回しやすくなっています。 仮設バリケードは、整備や補修を行っているエリアの仕切り、群衆の誘導や行列の管理などに最適です。

固定式

固定バリケードには、歩行者および通行規定のバリケード、 衝突および衝突の障壁、 駐車場の柵とフェンスなどがあります。 堅牢な構造は、コンクリートや床に面固定ボルト、 スルーボルトアンカーまたはケミカルアンカーボルトで永久に固定されます。

安全バリケードは、幅広い安全用途およびセキュリティ用途で使用されます。 職場や日常生活の中で人を保護することができます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数