型番

LCRメータ

LCR メータは、次を測定するために使用される電子テスト装置です:インダクタンス( L ) 電子部品の静電容量( C )および抵抗( R )。

導体を流れる電流に変化がある場合は、 対応する変化が、電圧内およびそれを囲む導体で誘導されます。 この特性はインダクタンスと呼ばれています。 電荷を保存する体または導体が電流を通す能力のことを静電容量と言います。導体がそれを通過する電流に対抗するものは抵抗と呼ばれます。

ほとんどの LCR メータは、 AC 信号を使用してコンポーネントのインピーダンスを測定します。 LCR メータを使用する場合は、間違った設定では測定精度が低下する可能性があるため、正しい設定を使用していることを確認してください。 アナログとデジタル両方の LCR メータが使用可能です。 アナログは安価ですが、 デジタル式のものの方がより正確だと考えられています。

LCR メータの用途は何ですか?

デジタル LCR メータは、被試験装置( DUT )を流れるインピーダンスを測定するために使用されます。 電圧( V )を測定するほか、 それを流れる電流( I )、 および電流と電圧の間の位相角も測定します。 続いて、 これらの 3 つの要素から、すべてのインピーダンスパラメータを決定できます。

したがって、 LCR メータは、回路に関連する次のパラメータを測定します。

  • インダクタンス
  • 静電容量
  • 抵抗
  • 損失係数
  • 品質係数
  • 電流
  • 電圧
  • 電流と電圧の間の位相角
  • コンダクタンス

LCR メータの種類

ハンドヘルド LCR メータ:小さく、 軽量で持ち運び可能です。 複数のテスト周波数があり、キャプチャしたデータは USB ポート経由で PC に転送できます。 通常、現場作業で使用されます。

ベンチトップ型 LCR メータ:大きく、かさばっています。 プログラム可能な周波数で動作し、コンピュータを介して制御することができます。

LCRメータで使用される技術

ブリッジ方式:この方式は、100 kHz未満の周波数を測定するために使用します。

電流電圧法による LCR 測定 : この方法を使用して、 コンポーネントの LCR 測定が、電流と電圧を測定することによって行われます。 次に、これらの 2 つの数量からインピーダンス値が算出されます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数