型番

圧力計測器

圧力測定機器は、プロセス管理および制御において重要な役割を果たします。 圧力を正確に測定してチェックするために、ガスと液体の両方で使用されます。 許容範囲を超えた温度上昇の防止から、ガスの蓄積による爆発の危険性の回避まで、 RS には、お客様のプロセスの正確性と安全性を確保するための装置があります。

圧力の測定方法

圧力は次の 3 つのタイプに分類されます。

  • フルードプレッシャ –液体の単位面積あたりの力の測定で、 液体または気体です。
  • 絶対圧力 - 液体によって作用する表面上の単位あたりのフォースの絶対値です。
  • ゲージ圧 –大気圧と絶対圧の差。 これは高度によって異なる場合があり、 天候、 周囲温度によっても変化します。 つまり、圧力計の表示値は、さまざまな高さで異なる場合があります。

圧力測定装置の種類

圧力測定器には様々な種類があります。 ここでは、最も一般的に使用されるタイプとその用途をいくつか紹介します。

  • マノメータ - 携帯機器で、ガス、 空気、 フルードプレッシャを測定します。問題のトラブルシューティングや漏れの位置特定に使用します。 さまざまな圧力測定機能を備え、作業に適した圧力計を用意しています。
  • 圧力較正器 - 圧力を測定するだけでなく、他の圧力測定器の測定値を較正(検証)するために使用される装置です。 非常に正確な装置で、高度機能が備わっており、複数を同時に実行できます。 たとえばレギュレータなどです。
  • 近年の技術革新により、デバイスに高度な技術を統合し、より多くのデータを収集でき、 より正確な測定値を取得し、 また、厳しい環境でもより効果的に運用できるようになりました。 その後、測定値をコンピュータに転送して、さらに分析することができます。