型番

スタンド ルーペ(アームルーペ)

拡大鏡が使用されるのは、近接検査、 設計や小型部品の組み立てを照明を追加して行う時で、最高の視認性を実現します。 拡大鏡ランプを使用すると、拡大鏡とライトを組み合わせることで、現在の作業の詳細を簡単に確認でき、 眼精疲労や視力疲労のリスクを軽減します。

拡大鏡は一般的に、用途が幅広く、以下のような細かく、 非常に小さなスケールで完成する可能性のある複雑な作業が必要な場合に使用されます。 例:

  • 電子機器、 回路を含む、 回路 / マザーボードとコンポーネントの取り付け
  • 医療及び歯科分野
  • 宝石職人および腕時計のメーカーまたは修理工
  • 集中的な検査や詳細な作業を行うオフィス環境
  • 美術工芸、 たとえば、切り絵、 金属加工や複雑なデザイン

ランプ付き拡大鏡にはさまざまなタイプがあります:フロアランプやフロアスタンド、 デスクランプ、 卓上ランプ、 拡大鏡およびヘッドバンド拡大鏡など。 こうした製品には、固定式のクランプを使用して机やテーブルに固定し、適切な高さに簡単に調節できるスイング ARM ランプがあります。 また、ベースと一体型で、小型の持ち運びやすい拡大鏡があります。

ジオプトリとは何ですか?

ジオプトリはレンズの曲率を表します。 ジオプトリが大きいほど、レンズのカーブが大きくなり、厚さも大きくなります。 ほとんどのシンプルな拡大鏡には、 4 〜 6 ジオプトリのレンズが 1 枚ありますが、 焦点距離は異なります。 焦点距離とは、物体を配置して焦点を合わせることができるレンズからの距離のことです。 各種サイズのレンズが用意されていて、 どれほどレンズのサイズが大きくなっても、拡大率が大きくなるわけではありません。 こうした拡大鏡の多くは完全に調節可能な ARM を備えており、拡大鏡を使用するランプヘッドを必要な位置に移動することができます。

ランプ付き拡大鏡の利点は何ですか?

どのような作業にも、良好な照明が不可欠です。 昼光で作業しているか、 自然光が入らない密閉型スペースか、または暗い屋外(風雨、 夜間、 など)は関係ありません。 眼精疲労や視力疲労の軽減だけでなく、 拡大鏡と適切な照明を組み合わせることで、作業に最適な視界を確保できます。 ランプ付き拡大鏡には通常、蛍光灯と ハロゲンまたは LED 電球 / チューブは影のない状態の、 安定した光で、 低発熱のため、快適な作業が可能です。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数