検索キーワード履歴

    ライト付きルーペ・拡大鏡

    ライト付きルーペ・拡大鏡は、対象物を拡大して検査するために使用するライト付き光学機器です。LEDライトにルーペ・拡大鏡を付けることにより、照明を当てながら対象物を見やすくします。手持ちルーペ・拡大鏡の他に、スタンド式や頭に取り付けるヘッドルーペ式があり、これらは両手が使えて細かい作業に便利です。


    用途


    ライト付きルーペ・拡大鏡は一般的に、用途が幅広く、以下のような細かく、非常に小さなスケールで完成する可能性のある複雑な作業が必要な場合に使用されます。


    • ラボ・研究室での観察や検査

    • 電子機器、マザーボードと部品の取り付け

    • 医療と歯科分野

    • 宝石職人と腕時計のメーカーまたは修理工

    • 集中的な検査や詳細な作業を行うオフィス環境

    • 美術工芸、金属加工や複雑なデザイン

    メーカー


    RSではトラスコ中山、オーツカ光学、ホーザン、ピークをはじめ、様々な国内外一流メーカーのライト付きスタンドルーペ・拡大鏡を豊富に取り揃えています。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数