型番

DCブロック

DCブロックとは何ですか?

DCブロックは、高無線周波数(RF)信号が通過させながら、オーディオ及び直流電流(DC)周波数の流れをブロックするコンポーネントです。DCブロックは、周波数ゼロHzの信号が繊細なRFコンポーネントに干渉するのを避けるためにシステム内に配置されます。DCブロックは、RF周波数のみが通過するフィルタのように動作し、通常は転送ラインと直列にコンデンサを配置する設計です。

DCブロックには次の3つの基本形があります。

• 内部DCブロック - コンデンサはセンター導体と直列に配置されます。RF信号に最小インピーダンスを提供する一方で、DCの流れを妨げ、低周波数のオーディオ電流の流れを最小限にします。
• 外部DCブロック - コンデンサは外部導体と直列に配置されます。伝送ラインの外部導体に沿った直流電流と低周波数電流サージの流れを防ぎます。
• 内部 / 外部DCブロック - コンデンサは外部導体及び内部導体と直列に配置されます。一般的に同軸接続で、DCが両方の導体に沿って通過するのを防ぎます。

外部モデルの絶縁材は非導電性です。

DCブロックを選択する場合の指針

• 周波数: DCブロックは通常、ある周波数範囲に対して最適化されます。つまり、すべてのDC信号をブロックし特定の周波数範囲のRF信号を許可します。

•電圧定格: 降伏電圧又は最大電圧とも呼ばれ、DCブロックが破断する前に処理できる最大の電圧です。電圧定格は高いほど優れています。

• 挿入損失: DCブロックを通過するRF信号の損失測定値です。理想的な場合、これはゼロになります。

• インピーダンス: DCブロックは、使用するシステムの特性インピーダンスに一致する必要があります。ほとんどのRFシステムは50 Ωですが、75 ΩのDCブロックも利用できます。

用途

• 接地ループの排除
• 信号源変調漏洩抑制
• システムSN比の向上
• セットアップの絶縁性や、不要なDC又はオーディオ電流がシステムで流れるその他の状況をテスト
• 広帯域カップリング
• 地下鉄及び鉄道トンネルでの電流サージのブロック
DCブロックとは何ですか?

DCブロックは、高無線周波数(RF)信号が通過させながら、オーディオ及び直流電流(DC)周波数の流れをブロックするコンポーネントです。DCブロックは、周波数ゼロHzの信号が繊細なRFコンポーネントに干渉するのを避けるためにシステム内に配置されます。DCブロックは、RF周波数のみが通過するフィルタのように動作し、通常は転送ラインと直列にコンデンサを配置する設計です。

DCブロックには次の3つの基本形があります。

• 内部DCブロック - コンデンサはセンター導体と直列に配置されます。RF信号に最小インピーダンスを提供する一方で、DCの流れを妨げ、低周波数のオーディオ電流の流れを最小限にします。
• 外部DCブロック - コンデンサは外部導体と直列に配置されます。伝送ラインの外部導体に沿った直流電流と低周波数電流サージの流れを防ぎます。
• 内部 / 外部DCブロック - コンデンサは外部導体及び内部導体と直列に配置されます。一般的に同軸接続で、DCが両方の導体に沿って通過するのを防ぎます。

外部モデルの絶縁材は非導電性です。

DCブロックを選択する場合の指針

• 周波数: DCブロックは通常、ある周波数範囲に対して最適化されます。つまり、すべてのDC信号をブロックし特定の周波数範囲のRF信号を許可します。

•電圧定格: 降伏電圧又は最大電圧とも呼ばれ、DCブロックが破断する前に処理できる最大の電圧です。電圧定格は高いほど優れています。

• 挿入損失: DCブロックを通過するRF信号の損失測定値です。理想的な場合、これはゼロになります。

• インピーダンス: DCブロックは、使用するシステムの特性インピーダンスに一致する必要があります。ほとんどのRFシステムは50 Ωですが、75 ΩのDCブロックも利用できます。

用途

• 接地ループの排除
• 信号源変調漏洩抑制
• システムSN比の向上
• セットアップの絶縁性や、不要なDC又はオーディオ電流がシステムで流れるその他の状況をテスト
• 広帯域カップリング
• 地下鉄及び鉄道トンネルでの電流サージのブロック

積載

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0