RS PRO 熱電対センサ, Kタイプ, ケーブルタイプ, -50°C → +250°C IEC

  • RS品番 621-2158
  • メーカー/ブランド名 RS PRO
データシート
その他
RoHSステータス: 適合
COO (Country of Origin): FR
詳細情報

RS Pro IEC PTFE接地型先端溶接ワイヤ熱電対

RS ProのタイプJ / K / N / Tワイヤタイプ熱電対温度センサ製品は、IEC60584に準拠しています。この熱電対は、短い応答時間を実現する接地型溶接測温接点と、高耐久PTFE絶縁のリードを備えています。

熱電対の仕組み

熱電対は、幅広いさまざまなプロセスで温度測定に使用するセンサです。異なる金属でできた2本のワイヤレッグを2か所の先端部で接触させて、2か所の接点を形成します。熱接点(測温接点)は、温度測定対象のボディに接続されます。冷接点(基準接点)は、既知の温度のボディに接続されます。測温接点を熱源に配置すると、この接点と基準接点の間に電圧差又は電位差が発生します。この電圧は、熱電対参照表を使用して温度測定値に変換されます。このプロセスは、ゼーベック効果とも呼ばれています。

接地型溶接測温接点

接地型溶接測温接点の場合、2本の熱電対ワイヤと被覆が溶接されて、プローブ先端で1つの接点を形成します。これらの熱電対の応答時間が短いのは、どの熱電対も熱が簡単に伝達されるようにシースに直接接触しているためです。

主な特長と利点

• 高速応答の接地型溶接測温接点
• IEC60584標準に準拠
• PTFE絶縁リードにより、オイル、酸、液体に対する高い耐性、優れた機械的強度 / 柔軟性を実現

PTFEは、油、酸、その他の薬剤や液剤に強く、優れた機械的強度と柔軟性を備えています。

用途

• 高速応答の接地型溶接測温接点
• IEC60584クラス1の精度
• 1 mのPTFEより対線

これらの接地型測温接点のタイプJ / K / N / Tワイヤ熱電対は、計測器、温度マッピング、OEMなどの用途をはじめとする、テスト / 開発用途に最適です。

用途

これらの接地型測温接点のタイプJ / K / N / Tワイヤ熱電対は、計測器、温度マッピング、OEMなどの用途をはじめとする、テスト / 開発用途に最適です。

規格

IEC-BS4937 60584-2、IEC-BS4937 60584-3

特長 / 利点

Kタイプ先端溶接
長さ1000 mm
‐40 → 375 °C ±1.5 °C
5個入りパックで販売

仕様
特性
熱電対タイプ K
プローブ径 0.6mm
最大検出温度 +250°C
ターミナルタイプ ケーブル
ケーブル長 1m
基準適合 IEC
応答時間 0.7秒
40 国内在庫あり - 通常1営業日でお届け
645 海外在庫あり - 通常4営業日でお届け
単価: 購入単位は5個
1,059.40
(税抜)
1,144.15
(税込)
単価
1袋あたりの価格*
5 - 20
¥1,059.40
¥5,297.00
25 +
¥1,011.20
¥5,056.00
* 購入単位ごとの価格