検索キーワード履歴

    RS PRO 熱電対センサ, , Kタイプ, プローブ径:0.3mm, プローブ長さ:2m

    RS品番:
    621-2170
    メーカー/ブランド名:
    RS PRO
    RS PRO
    3YEARWAR_JP_LL.jpg
    温度センサ・熱電対 の一覧へ
    1667 国内在庫あり - 通常1営業日でお届け
    678 海外在庫あり - 通常4営業日でお届け
    Add to Basket

    追加されました

    単価: 購入単位は 個

    ¥1,454.00

    (税抜)

    ¥1,599.40

    (税込)

    単価
    1 - 24¥1,454.00
    25 - 124¥1,397.00
    125 +¥1,150.00
    RS品番:
    621-2170
    メーカー/ブランド名:
    RS PRO
    COO(原産国):
    FR

    その他

    COO(原産国):
    FR

    詳細情報

    RS PROガラス繊維IEC先端露出溶接熱電対


    RS PROタイプJ、K、T、Nワイヤタイプ熱電対温度センサシリーズは、IEC60584標準に準拠しています。この熱電対には、短い応答時間を実現する溶接露出熱接点と、グラスファイバ絶縁に覆われたケーブル導体が備わっています。

    熱電対の仕組み


    熱電対は、幅広いさまざまなプロセスで温度測定に使用するセンサです。異なる金属の2本のワイヤを2か所の先端部で接触させて、2か所の接点を形成します。熱接点(測温接点)は、温度測定対象の本体に接続します。冷接点(基準接点)は、既知の温度の本体に接続します。測温接点を熱源に配置すると、この接点と基準接点の間に電圧差又は電位差が発生します。この電圧は、熱電対参照表を使用して温度測定値に変換されます。このプロセスは、ゼーベック効果とも呼ばれています。

    溶接先端露出接点とは


    露出接点は、熱電対のワイヤが相互に溶接されており、外部被覆で覆われていない場所です。このワイヤの両端がプロセスに直接挿入されます。これにより、熱電対の感度が高く、応答時間を短くできます。溶接先端露出接点は、腐食しやすいので、非腐食性の流動又は静止ガスの温度を測定すること推奨します。

    グラスファイバ絶縁の特性


    グラスファイバワイヤ絶縁は、適切な温度範囲ではフレキシブルですが、液体の侵入を防ぐことができません。

    主な特長


    • 応答時間の短い先端露出溶接接点
    • グラスファイバ絶縁ケーブルにより、優れた柔軟性と使用温度範囲が実現されています
    • IEC60584 標準準拠

    用途


    この接地型測温接点のタイプJ / K / T / Nワイヤ熱電対は、計測器、温度マッピング、OEMなどの用途をはじめとする、テスト / 開発用途に最適です。


    仕様

    特性Value
    熱電対タイプK
    プローブ径0.3mm
    プローブの長さ2m
    検出温度 Max+600°C
    プローブ材質グラスファイバー
    実装タイプケーブル
    ケーブル長2m
    代表規格RoHS対応
    応答時間0.7秒
    1667 国内在庫あり - 通常1営業日でお届け
    678 海外在庫あり - 通常4営業日でお届け
    Add to Basket

    追加されました

    単価: 購入単位は 個

    ¥1,454.00

    (税抜)

    ¥1,599.40

    (税込)

    単価
    1 - 24¥1,454.00
    25 - 124¥1,397.00
    125 +¥1,150.00