型番

変流器

変流器(CT)は、電流の大きさを変換するための装置で、大電流が流れる電路の計測や、保護継電器を動作させるために使用します。変流器はコア、一次巻線、二次巻線で構成されています。一次巻線に交流電流が流れると、磁気流束が生成され、二次巻線に交流電流が誘導されます。この交流電流は、一次巻線を流れる電流に比例します。変流器は「ステップダウントランス」とも呼ばれます。


変流器は回路制御を実行し、安全保護と電流制限の機能があります。


変流器は次の場所で使用されています。


  • 発電所

  • E変電所

  • 商用配電

変流器の種類


巻線形 – 変流器の一次巻線は、回路を流れる電流を運ぶ導体と物理的に直列接続されています。二次電流の大きさは、変流器の巻数比に依存します。


貫通形 - 円形の鉄心の全周に二次巻線を巻き付けてモールドされ、ドーナツのような形状をしています。円形一体型となっているため、既設のケーブルや母線に取り付けるのは困難な代わりに、余分なノイズを最小限に抑え、漏れインダクタンスがほとんどないので、高い効率を発揮します。


貫通分割形 – 貫通形と同様の仕組みとなっているが、本体が2分割された形状のため、既設のケーブルや母線に接続するのが容易です。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数