型番

ビジョンセンサ

ビジョンセンサは、画像をキャプチャして評価するための画像処理システムです。簡単に設定でき、さまざまな産業用システムで使用できます。

ビジョンセンサの用途

ビジョンセンサは、カメラが撮影した画像をキャプチャして、対象物の向きと精度を判定し、それに対応する動作をトリガするために使用します。業務用の高度な機能を備えた検査、 識別、物体反射の各ツールを備えているため、人工的なマシンビジョン用途に対応できます。

いくつかの調整を行うだけで簡単に設定できるので、具体的なプログラミングは必要ありません。ビジョンセンサは、特定の産業生産用途に使用されている場合があります。たとえば、 飲料業界では、検査及び品質管理プロセスの一環として注入量の許容範囲やキャップの不適切な取り付けの検査にこのシステムが使用されています。

ビジョンセンサの種類

ビジョンセンサには、主に次の2種類があります。

透視投影型: 視野が台形で、 カメラタイプのセンサに最適です。

正投影型: 視野が角型で、レーザー距離計又は近距離赤外線センサに適しています。

Loading...

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0
人気検索キーワード