型番

DIN 41622コネクタ

DIN 41622コネクタは、これらのタイプの接続を初めて標準化したドイツの企業であるDeutsches Institut für Normungにちなんで名付けられました。このタイプのDINコネクタは通常、特にマルチペアオーディオケーブルの終端のため放送用オーディオで使用されます。それらは、スタジオ間の配線及びラックマウント装置への接続に使用できます。DIN 41622コネクタはDIN 41618コネクタに近いですが、ピンの数が39本ではなく30本であるため、ピン密度が比較的低いです。


DINコネクタとは、何ですか?

DINコネクタは通常、それが最初に標準化された用途であるオーディオ用途で使用されます。各番号は、ピンの構成が異なるコネクタに対応しており、それぞれに固有の用途があります。多くの構成があるため、それらは非常に人気があり、汎用性の高い接続の種類となっています。


DIN 41622コネクタの種類

DIN 41622コネクタには幅広い形式があり、オスメス、列、及びコンタクトの数が異なります。これは、それらの用途を示しています。接続によって、必要なコンタクト及び列の数は異なる場合があります。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数