丸型コネクタ

丸形コネクタは、マルチピンコネクタと、内部にコンタクトインターフェースのある円筒形のハウジングのペアから構成されます。プラスチック製、金属製、両者を組み合わせた製品があります。丸形コネクタの機能は、他のほとんどの電気コネクタと同様に、オス側の片割れ(ピン)とメス側のレセプタクル(ハウジング)を組み合わせて、確実な信号及び電流の伝送を実現することです。

丸形コネクタの利点は何ですか?

角形コネクタより優れているため、電子機器では丸形コネクタが使用されることが増えています。すぐに分かる利点の1つは、構造上、複数の接点をコンパクトなスペースに集約できる点です。そのため、ケーブルをデバイスに脱着するための省スペースでシンプルなソリューションを実現できます。その他にも、次のような利点があります。

  • 種類の異なるコンタクトを収容
  • 使用可能な電圧範囲が広く、さまざまな電流のコンタクトに対応
  • 完全一体化接続が必要な場合向けの気密封止
  • 環境要件の厳しい用途で高い機械的強度を発揮

丸形コネクタは何に使用しますか?

適切な用途は、設計や配列(ねじ付き、プッシュプル、その他多数)によって変わりますが、一般に丸形コネクタの特性から非常に幅広い用途で使用され、データや通信から軍事、航空宇宙産業まで多岐にわたります。過酷な産業環境では使用される高性能の丸形コネクタは、丈夫でEMI保護機能を備え、浸水、ほこり、極端な温度、振動による損傷を防げるようになっている必要があります。

丸形コネクタはどのように機能しますか?

丸形コネクタの機能を最大限に活用するために、さまざまなコンポーネントが用意されています。当社の製品ラインは次のとおりです。

Amphenol、Deutsch、TE Connectivity、自社ブランドのRS Proなど、世界的に有名なブランドの製品をご用意しています。