型番

ICソケット

ICソケットとは何ですか?


当社の生活電気機器のほとんどは、基板(PCB)に集積回路(IC)又はチップが搭載されています。 ほとんどのチップはボードに直接はんだ付けされていますが、チップの交換や取り外しが必要な場合もあり、 このときICソケットが電気コネクタとして使用されます。ICソケットはボードに装着してチップを保持し、 はんだ付けによる熱損傷から保護します。プログラマブルチップは、ICソケットを使用する場合の良い例です。 テスト、 プログラミング、又は故障による交換を行うために取り外せます。


ICソケットの種類


DIL: デュアルインライン。2列の平行なピンを備え、 関連ICに適合するさまざまな番号の製品があります。通常は、非常に高いコスト効果を発揮します。 小さなソケットを2つ並べて、 大きなソケットにすることができます。 たとえば、2つの8ピンソケットを16ピンソケットにすることができます。当社では、3M、 Amphenol、 ASSMANN WSW、 E-TEC、 Harwin、 TE Connectivity、 Preci-Dip、 Winslow、Mill-Maxをはじめとする一流ブランドの製品を取り揃えています。


SIL: シングルインライン。このソケットは、ピンが1列で、抵抗器アレイや、デスクトップコンピュータのリードピンの短いボードなどの小型機器でよく使用されます。 さまざまなサイズと属性の製品があり、3M、 Harwin、 Preci-Dip、TE Connectivityなどの各種のブランドの製品を取り揃えています。


DIMM: デュアルインラインメモリモジュール。ランダムアクセスメモリ(RAM)は、DIMMソケットを使用して、コンピュータ又はラップトップに簡単に取り付けられます。DIMMは確実な接続を実現するための重要なコンポーネントです。DIMMの両側には、2列の電気コンタクト(ピン)があります。一般的に、ピン数が多いほど、対応できるRAMの容量が大きくなります。さまざまなピンサイズの製品があり、TE Connectivity、 Molex、Amphenol FCIなど、各種のブランドの製品を取り揃えています。


SIMM: シングルインラインメモリモジュール。メモリモジュールを基板に接続する1列のピンがあります。SIMMは省スペースで、正しい極性で事前に決められた角度に取り付けることができるため、メモリモジュールの誤挿入を防止できます。主に1980年代から1990年代後半までの古いコンピュータで使用されています。さまざまなピンサイズ及びピン数の製品があり、Amphenol FCI、 TE Connectivity、Winslowなどの一流ブランドの製品を取り揃えています。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数