型番

イーサネットコネクタ

イーサネットコネクタは、通信機器やデータ機器などのイーサネットネットワーキングに使用されます。コネクタは、イーサネットケーブルの両端に接続されています。RJ45コネクタは最も一般的に知られているタイプです。RJ45コネクタは、8P8C (8極、 8コンタクト)構成です。コネクタが正常に機能するには、 T-568A又はT568B配線規格に従って、各イーサネットケーブルワイヤを正しい場所に挿入する必要があります。技術的には、 8P8Cはイーサネット以外の接続でも使用できます。たとえば、RS-232シリアルケーブルでも使用されています。 ただし、 RJ45の使い方としては8P8Cが圧倒的なため、 業界の専門家がこの2つの用語を同じ意味で使用することもよくあります。RJ45コネクタには、Cat3からCat6aまでのLANカテゴリに対応する製品があります。取り付けオプションもさまざまで、 ケーブル取り付け、 基板実装、パネル取り付けなどがあります。


RJコネクタの種類


  • RJ11
  • RJ12
  • RJ22
  • RJ25
  • RJ45
  • RJ48
  • RJ50

その他のタイプのイーサネットコネクタ


ミニIOコネクタは、ほとんどの環境に適した小型のワイヤ対基板インターフェースです。このコネクタは、ワイヤ終端やはんだ付け作業なしで簡単に取り付けられます。ミニIOコネクタは、ハウジング、 シェル、及びコンタクトポイントを備えた端子で構成されています。外被素材は熱可塑樹脂製で、 衝撃、 振動、極端な温度環境に高い耐性があります。端子のコンタクトは銅合金製で、 導電性が高く、接続機能の信頼性が向上します。ラッチ機構により、ケーブルがミニIOコネクタから抜けないようになっています。


よくある質問


RJコネクタは、どのような用途に使用されますか?


RJは、Registered Jack (レジスタードジャック)の略で、標準化されたネットワーキングインターフェースです。RJ45コネクタは、通信機器やデータ機器など、コンピュータネットワーキング用途の機器にイーサネットケーブルを接続するために使用されます。RJ45コネクタは、モジュラジャックとプラグで構成されています。RJ45プラグは、イーサネットケーブルの両端に接続されています。

積載

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
ページ
1
/
0