ネットワーク・電話コネクタ

光ファイバーやRJ45など、さまざまなネットワーク/電話コネクタを用意しています。また、TE Connectivity、Molex、Hartingなど市場をリードするブランド及びRS PROのパッチパネル、産業用イーサネット、ソケット、モジュールもあります。

ネットワーク及び電話コネクタは、どのような用途に使用されますか?

ネットワーク及び電話コネクタは、データの伝送及び世界中の電話サービスの提供に使用されます。これらのコネクタはきわめて一般的であり、電話、コンピュータ、ネットワークハブが存在するどの場所でも見つかります。

ネットワーク及び電話コネクタのタイプ

さまざまなRJコネクタ及び光ファイバーコネクタが市販されており、それぞれ独自のコネクタと使用方法がありますが、その一部の間では使用方法が重複しています。次に、最も一般的なコネクタタイプの概要を示します。

  • RJ45モジュラージャック - 一般的にデータに使用され、通常はインターネットケーブルの末端にあります。
  • RJ111モジュラージャック - ほとんどの家庭にある、非常に一般的なタイプの電話コネクタ。
  • RJ12モジュラージャック - キーシステムの前に1本の線がある電話システムに使用されます。
  • MMJモジュラージャック - MMJ (modified modular jack connector)は、ミニコンピュータと周辺機器の接続に使用されます。
  • 光ファイバーコネクタ - 光ファイバー線のスプライシングや、より大規模なシステムへの光ファイバー線の接続を可能にするように設計されています。このコネクタは、SC、FC、LCなど標準化されたタイプに分類することで区別されます。このコネクタは非常に精密で、非常に強い接続を提供します。

ネットワーク及び電話コネクタには、どのようなアクセサリがありますか?

コネクタとともに使用できるさまざまなアクセサリが用意されています。これにより、さまざまなシステムを接続し、線を損傷からより強力に保護し、その他多くの便利な利点も提供できるようになります。

当社が取り扱う製品:

  • 減衰器 - 歪みを生じさせることなく信号の出力を低減するために使用されます。減衰器は、一貫した信頼性の高い信号を供給するために役立ちます。
  • RJパッチパネル - さまざまな線を1枚のパネルにまとめ、そこですべての線を制御できます。一般的に、ネットワークルームにあります。
  • 光ファイバーパッチパネル - さまざまなタイプのポートとモードで使用できるように設計されており、最終的にはさまざまな線を1つのシステムに結合できます。これらのデバイスは、デザインに応じてさまざまな場所に取り付けることができます。
  • RJアダプタ / カプラ / エクステンション - 互換性のない線が通信できるように、アダプタを介してさまざまなタイプのジャックを接続できます。