電源コネクタ

電源コネクタは、デバイスとその電源を結び付けるものです。電源コネクタには、主に住宅用と産業用の2種類があります。

電源コネクタは、AC (交流)又はDC (直流)のいずれかを伝送します。ACコネクタを使用すると、デバイスを電源に直接、接続できます。DCコネクタは通常、標準的なサイズがあり、安全上の理由から互換性はありません。これは、機器を適合しないコンセントに誤って接続しないようにするためです。

電源コネクタのタイプとその用途

  • 自動車用コネクタ - 自動車用途で使用される低電流デバイスに複数のフックアップを提供するように設計されています。通常、温度や悪天候に対する耐性があります。
  • コンパクトな電源コネクタ - 小型で、人が金属製コネクタに触れないように安全機構が装着されています。また、さまざまな端子デザインに対応するために、さまざまなスタイルやタイプのものが用意されています。
  • DC電源プラグ - さまざまなデザインのものが用意されています。ただし、典型的なものは特定のタイプのピンに接続できる金属製円筒形デザインで、通常はトランスプラグと使用されます。同軸電源コネクタ、バレルコネクタ、同心バレルコネクタ、又は先端コネクタとも呼ばれます。
  • DC電源コネクタ - DC電源プラグ用のレセプタクル。円筒形ソケットの中心にプロングが1つあるため、通常は識別が容易です。コネクタには、電源プラグと同数の異なるタイプがあります。
  • 危険エリア用電源コネクタ - 電気製品が危険物質に接触する場合に使用します。通常、このコネクタは、水や他の物質の侵入を防止したり、それらに対する耐性を備えたりするための追加の安全機構を提供しています。
  • ヘビーデューティパワーコネクタ - 通常、家庭用電流よりも高い電圧を伝送するように設計されています。多くの場合、このコネクタは、ねじ付き継手を使用してソケットから取り外したり抜いたりできないように設計されています。
  • 工業用インターロック - 機械、電気回路、他の産業用機器が誤ってオンになることを防止するように設計されている安全装置。
  • 産業用電源コネクタ - 高電力回路を扱うように設計されており、通常は、誤って接続が切断されることを防止するように設計されています。
  • 産業用電源コネクタアダプタ - 産業環境の高電力コンセントを、異なる複数の機械に配電したり、他の用途向けにしたりするように変更できます。
  • モジュール電池端子 - 1つ以上の電池を、電動デバイスにすべてを個別に接続することなく接続する方法を提供します。