検索キーワード履歴

    端子台ハウジング

    端子台ハウジングは、端子台内の電気接続の完全性を確保するように設計された保護ケースの一種です。


    端子台ハウジングは、どのように機能しますか?


    端子台ハウジングは、ナイロン、ABS (アクリロニトリルブタジエンスチレン)、アミノプラストなどのプラスチックに加え、電流の流れに耐性があるその他の絶縁材料で作られています。絶縁によって、ワイヤの電流がその他の導体に流れなくして、電気漏れを防止します。


    端子台ハウジングは、過熱、ほこり、水、及び接続に影響するその他の物などの環境的脅威から端子台のコンタクトポイントを保護するのにも役立ちます。端子台の有効性と安全性はどちらもハウジングに依存します。


    端子台ハウジングの種類


    端子台ハウジングにはさまざまな種類のサイズ及び設計があり、さまざまなケーブルサイズ及び取り付け方式に合わせて設計されています。それらは、取り付けタイプによって、次のように分類できます。

    • ケーブル取り付け
    • PCB (基板)取り付け
    • 表面実装
    • 壁取り付け
    • パネル取り付け
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数