検索キーワード履歴

    圧着端子ハウジング

    圧着端子ハウジングとは?

    圧着端子ハウジングは絶縁性を確保し、 電流による損傷や怪我から機器やオペレータを保護します。圧着端子カバーは、圧着端子ブーツと呼ばれることもあります。

    圧着端子ハウジングの機能

    圧着端子ハウジングは、端子台を扱う作業時の重要な安全対策です。通常、ワイヤを固定するときにハウジングをスライドさせます。ワイヤが固定されたら、 元の位置にスライドさせてワイヤに被せます。ただし、 固定されたままのハウジングもあります。

    圧着端子ハウジングの種類

    圧着端子ハウジングは、 同軸ケーブル、 レセプタクル、タブコネクタなど、さまざまなコネクタとともに使用されます。

    圧着端子ハウジングカバーは、絶縁品質に合わせて選択された素材で作られています。 ナイロン、 PVC、PAなどのプラスチック製や、 シリコンゴムなどのさまざまなゴム製のカバーがあります。カバーの本体も真鍮、 りん青銅、ステンレススチールなどの金属でできています。カバーは通常、色分けされ、 複雑な配線システムで作業するときも簡単に区別できます。

    絞り込み
    並び替え
    1 1
    ページあたりの結果数