検索キーワード履歴

    サーバーラック棚板

    サーバーラックシェルフは、19インチのサーバーキャビネットに適合するように設計されています。このラックでは、シェルフを調整して通気性を確保できるので、過熱が発生する可能性のある装置の冷却に役立ちます。ヘビーデューティ向けのシェルフも用意され、カンチレバーシェルフよりも重い重量を保持することができます。
    シェルフは、ラック単位(U又はRU)を使用して測定されます。1ラック単位は44.5 mm(1.75インチ)として定義されています。通常、サーバーラックは高さ42Uで、1 → 6Uの高さの装置を収納できます。
    サーバーラック内のケーブル配線も問題になるため、ケーブル管理を可能にするようにシェルフが設計されています。
    ラックマウントシェルフには、通気孔付き固定ラックマウント、ラックマウント型のモデム、カンチレバー、伸縮式カンチレバー、ハーフラック、側面取り付けトレイがあります。通常、サーバーラックシェルフは、キャビネットの前面又は背面に設置することができます。
    サーバーラックシェルフの設置方法
    ラックは、キャビネット内のさまざまなスロットにシェルフをスライドさせることで簡単に移動できます。固定式シェルフの場合は、ブラケットとケージナットを使用して取り付けます。ラックの幅を調整して、サーバーに合わせて調整することができます。
    サーバーラックのアクセサリは、ラックマウントが可能で、マニュアルやケーブルを保持する設計です。
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数