型番

ストリップボード

ストリップボードであるVerboardは、2.54 mmピッチで格子状に穴があいた電子プロトタイピングボードの一種です。ボードの一方の面はプレーンで、もう一方の面には銅クラッドのストリップがあり、それらは互いに絶縁されています。電気部品のリード又ははんだピンを穴に挿入して、裏側で銅ストリップにはんだ付けして電気回路を形成します。ストリップボードはどのように使用しますか? ストリップボードのプレーン側に電気部品を配置し、リード又ははんだピンを穴に通します。この部品は、適切なピン間隔の個別のワイヤ又はコネクタなどです。次に、部品のリードをボードの裏側の銅トラックにはんだ付けして、電気接続を形成します。同じ銅ストリップにはんだ付けされた部品は互いに電気的に接触します。独立した回路を作成するには、銅ストリップを切断します。ストリップはナイフ又は小さなドリルビットで切断できます。銅ストリップを切断すると、部品グループ間の電流が遮断されて、短絡が防止されます。ストリップボードを使用して、信頼性の高い複雑なアセンブリを構築できます。ストリップボードは小型回路の作成に使用し、開発及びプロトタイプ製作作業に最適です。ストリップボードは教育プロジェクトでよく使われます。片面及び両面ストリップボードストリップボードは、通常、一方の面に銅ストリップがあり、このタイプを片面ストリップボードといいます。両面に銅ストリップがあるストリップボードもあり、このタイプのことを両面ストリップボードといいます。両面ボードの利点は、ボードの表面と裏面の部品を接続できることです。材料ストリップボードベースは、FRグレードの材料でできています。 FR-1及びFR-2グレードのボードは、SRBP(合成樹脂結合紙)製です。この材料は一般に、フェノールボードとして知られています。 FR-4グレードのボードは、高グレード材であるガラス繊維強化エポキシ積層板製です。FR-4は、基板材料として最もよく使用される材料です。銅ストリップには、さまざまな厚さのものがあります。薄い銅層は、はんだ付け時に簡単に損傷し、高電流用途には適していません。一部のボードには、はんだ付けや取り扱いが容易なスズめっき銅又は金めっき銅のものもあります。ストリップボードの利点 信頼性の高い接続の堅牢かつ永久的な回路を作成可能 使いやすい。銅ストリップを目的のサイズに簡単に切断して、カスタマイズされた回路を作成可能 追加ワイヤやはんだトレースなど、使用する前に特別な準備が不要 個別の端子ピンが不要

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数