検索キーワード履歴

    スナップリング

    サークリップは、セミフレキシブルな金属製の円形のクリップです。通常は、部品をシャフト又はハウジングに取り付けておくために使用されます。捻転、 回転、 旋回する機構には、ベアリングも使用されます。サークリップは、保持リング又はスナップリングと呼ばれることもあります。 詳細については、当社のサークリップの完全ガイドを参照してください。

    RSコンポーネンツでは、留め具のあらゆる要件に対応できるように、各種サイズのサークリップを含めて、さまざまな留め具を取り揃えています。

    特長

    サークリップは、完全な円ではなく、オープンエンド形状である傾向があります。オープンエンド設計により、サークリップがスプリング圧効果を発揮します。所定の位置に取り付けると、 スプリング効果により、サークリップが動いたり滑ったりすることがなくなります。多くのサークリップには、両端に小さな穴があります。この穴があるため、サークリップの着脱が可能です。通常、 この作業には専用のサークリッププライヤが使用されます。このプライヤは、先端部がサークリップの小さな穴に適合するサイズになっています。

    種類

    E型サークリップ (Eクリップ)も広く普及しています。このタイプは、専用のサークリッププライヤで取り付ける必要はなく、軸方向ではなく 半径方向に取り付けられます。着脱も簡単です。

    内部 / 外部サークリップ

    用途に応じて、 内部サークリップ又は外部サークリップが必要になります。

    • 内部クリップは、シリンダボア、 溝、又はハウジング内に取り付ける留め具で、外側に圧力をかけます。
    • 外部クリップは、これとは逆の方向で機能します。この製品は内側に圧力をかけ、通常はシリンダ又はシャフトの外側に取り付けます。
    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数