検索キーワード履歴

    温度 ヒューズ

    温度ヒューズは、 サーマルカットオフとも呼ばれ、 電気回路において使用される安全装置で、機器を過熱から保護します。温度ヒューズは通常、アキシャル又はラジアルパッケージで提供されますが、 一部の温度ヒューズは現在チップで提供されています。

    温度ヒューズの仕組み

    温度ヒューズは、電気カートリッジヒューズと同じように機能します。つまり、条件が一定の限界を超えると、 回路が遮断されます。温度ヒューズの場合、 限界は温度に基づいています。温度ヒューズは通常、内部に小さなペレットが入っているか、細いワイヤが組み込まれており、特定の温度で溶けるようになっています。ペレット又はワイヤが溶けると 回路が遮断されます。これは「溶断」又は「バーンアウト」と呼ばれています。

    使い捨ての温度ヒューズとリセット可能な温度ヒューズ

    ほとんどの温度ヒューズは使い捨てで、リセットできません。ペレット又はワイヤが溶けた場合、 機器を再び操作するには、温度ヒューズを交換する必要があります。リセッタブルヒューズも利用可能ですが、使い捨てのヒューズよりも初期費用は高くなる傾向があります。リセッタブルヒューズの場合、 内部のワックスペレットが溶けると、 回路が遮断されます。ただし、 機器が冷えると、 ワックスペレットも冷えて固体化します。これで回路が復活し、機器が使用可能になります。

    温度ヒューズの用途

    温度ヒューズは、過熱から機器を保護するために家庭や産業の用途で使用されています。この製品は、火災防止に役立つ安全装置です。たとえば、 温度ヒューズは、ヘアドライヤー、 回転式乾燥機、コーヒーメーカーなどに搭載されています。

    機能温度と保持温度の違い

    すべての温度ヒューズには、保持温度定格と機能温度定格があります。これらは、用途に適した温度ヒューズを選択する際に考慮すべき重要な測定値です。 通常、摂氏で測定される保持温度は、 ヒューズが溶断せずに継続的に通電できる温度です。この温度は、ヒューズの安全な温度範囲の限界です。機能温度は、温度ヒューズが切れて回路が遮断される最低温度定格(摂氏)です。

    絞り込み
    並び替え
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数
    ページ
    1
    /
    0
    1ページの商品数