型番

ダイホルダー

ダイスハンドル(別名ダイホルダとも呼ばれています)は、素材の切断又は成形時にダイの取り付けや回転に使用するチューブ型の部品です。ダイスハンドルは、通常、パイプなどの金属の対象物の切断やねじ切り(シーリング)に使用します。


ダイスハンドルはさまざまなサイズの六角ダイスやアジャスタブルダイスを保持します。丈夫な素材で製品寿命が長く、ローレット加工のハンドルでグリップ性が向上しています。また、ローレット加工のハンドルで握りやすくなっています。ダイスハンドルには、通常、心押し(回転工具である旋盤の調整可能な部品)のスピンドルに向いた側の近くに、ダイスと、切削工具を格納した 円筒ディスクを配置するための 3本のねじが付いています。中央のねじ切り工具の周囲に対照的にカットされた穴は金属その他の素材のチップ用です。


なぜダイスハンドルを使用するのですか?


3本ねじの設計により、ダイスを位置に固定し、正確なねじ切りと、湾曲のないきれいなねじ山を実現するために向きを 維持することが簡単になります。 つまり、ダイスを使用して、新しいねじ山を作ったり、摩耗や損傷のあるねじ山を修理したりすることができます。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数