型番

ねじタップ・ダイセット

タップとダイスを使用して、内部及び外部の両方で ねじ山を形成します。ほとんどは切断工具ですが、 一部は成形工具です。タップは、 ナットなどのメス部のねじ山の 切断に使用し、 このプロセスはタッピングと呼ばれています。 一方、 ダイスは、 対応するボルトなど、オス部を切断又は形成するために使用されます。 これはねじ切りと呼ばれています。


いずれの工具も対応する製品の汚れやゴミの除去に使用できます。 これは、チェーシングと呼ばれています。 ただし、 タップ / ダイスを使用する一般的に材料が除去されます。 このため、クリーニング目的のための専用のツールが作成されています。これはチェーザーと呼ばれていて、柔らかい素材でらできているため、ねじ山から材料が除去されません。


どのように機能するのですか?


選択したねじ、 ボルト、 又はパイプのロッドをバイスで簡単に固定する方法に従って、 ダイスをロッドに置いて、ダイスハンドルを時計回りに回す前に、少量のカッティングペーストを塗布します。一回転ごとに、ロッドに新たなねじ山が切られます。


どのような場合に使用しますか?


タップ / ダイスセットは、主に電気及び産業分野で使用されます。 また、修理工場や自動車関連の作業現場にも最適です。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数