型番

エアレギュレータ

空圧レギュレータは、 減圧弁とも呼ばれ、 空圧システムで出力空気圧を維持するために使用されます。これは一般的な エアコンプレッサ で使用されます。空圧レギュレータは、最も要求の厳しい産業用空気清浄用途でも、迅速な応答と正確な圧力調整を実現します。空圧レギュレータは、空圧システムの圧縮空気の浪費を回避します。

空圧レギュレータの仕組み

空圧レギュレータは、一定の圧力に達したときにガスや液体の流れを自動的に遮断することで、出力圧力を維持します。ほとんどのレギュレータは、シンプルなコイルスプリングを使用して圧力を制御します。

圧力レギュレータを取り付ける際には、 お客様の特定のシステムに合った、適切なサイズを選択することが重要です。レギュレータが大きすぎる場合は、空気の使用量が増え、エネルギーの浪費につながります。したがって、効率的に空気を消費するため、適切なサイズを選択し、圧力レギュレータを適切に設定することが重要です。

空圧レギュレータの用途

空圧レギュレータは、加熱炉やガスグリル、医療や歯科用機器など 、一般的な家庭や産業の用途で 使用されています。これは、ガスを扱う場合など、圧力を厳密に制御する 必要がある場合に最適です。

レギュレータを選択する際の考慮事項:

  • インレット圧力
  • アウトレット圧力
  • 接続ポートのサイズ
  • 流量
  • 動作温度
  • サイズと重量の要件

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数
人気検索キーワード