型番
電子部品、電源、コネクタ
電気、制御部品、ケーブル
機械製品、工具
IT、テスト、安全機器

ダイヤフラムバルブ

ダイヤフラムバルブは、2つ以上のポートを備えたバルブ本体、ダイヤフラム、ダイヤフラムがバルブを閉じる「堰又はサドル」あるいは座で構成されています。ダイヤフラムバルブは、浮遊物質を含む流体の流れを制御するのに優れています。ダイアフラムは、フレキシブルな圧力感応要素で、力を伝達してバルブを開閉又は制御します。

ダイアフラムバルブには2つの基本的な形状のタイプがあります。



堰型: 堰型は、汎用用途又は腐食性や研磨性の高い用途に最適です。少量の流れを制御するのに最もよく使用されます。堰型の本体には、ダイヤフラムが接触する隆起したリップがあります。堰型バルブには、材料がそれほど伸びる必要がないため小さいダイアフラムが使用されています。

ストレートスルータイプ: ストレートスルータイプは、システム内で流れ方向が変わる状況で使用できます。本体の底部は、流れと平行な平坦な面になっています。これにより、流体は、大きな障害物がなく、バルブ内を自由に流れることができます。機構がバルブ本体の底部に達することができるように、ダイヤフラムの材質はフレキシブルなものでなければなりません。このために、ダイアフラムの寿命が短くなることがあります。汚泥、スラリー及び他の粘性流体での使用に最適ですが、高温流体には適していません。





制御方法

ダイアフラムバルブは、フレキシブルなダイアフラムを備え、これがダイヤフラムに成形されたスタッドによってコンプレッサに結合されています。ライナークロージャを挟んで遮断する代わりに、ダイヤフラムが押されてバルブ本体の底部と接触して遮断します。手動ダイヤフラムバルブは、バルブ通過時の圧力降下を制御するための精密な可変開口部を備えていて、流量制御に最適です。システムを通過する媒体が目的の流量になるまでハンドホイールを回します。開始用途及び停止用途の場合は、コンプレッサがダイヤフラムをバルブ本体の底面に押し付けて流れが遮断されるまで、又はダイヤフラムが底部から持ち上がって媒体が流れるようになるまで、ハンドホイールを回します。

ロード中

絞り込み
並び替え
ページ
1
/
0
1ページの商品数
ページ
1
/
0
1ページの商品数