作業灯 (投光器)

作業灯、 作業用フラッドライト、 LED作業灯又はサイトライトは、 作業現場や建設現場の照明に使用されます。作業灯は、自宅でメンテナンスを行うときに、装飾時に便利に使用されます。 明るく照らされた環境は、良好な安全衛生慣行を推進するための基盤であり、 昼夜を問わずいつでも作業することができます。

作業灯は、 通常、ポータブルで、 主電源又は充電可能なバッテリで動作します。多くはハンドル付きで、 持ち運びやすく、フックが付いているので、両手で作業することができます。当社では、 Nightsearcher の6 → 10,000ルーメン強力LEDなど、幅広いブランドを提供しています。

充電式の作業灯を選択する理由

充電式の作業灯には、有線照明に対する利点があります。忙しい建設現場で作業灯を使用する場合、 充電式ライトは電源に接続する必要がありません。つまり、ケーブルを引きずる必要がなく、 事故の防止に役立ちます。モデルによって異なりますが、 1回の充電で6時間以上連続で点灯できる充電式フラッドライトもあります。

一般的な種類の作業灯。

三脚取り付け型のサイトライトは、さまざまな場所の照明に使用できます。ライトの高さと角度を調整できます。三脚は床面積をほとんど取りません。照明用三脚は移動、 折りたたみ、取り外しが簡単です。他に、複数のライトを取り付けられるスタンドもあります。通常、フラッドライトはスタンドに取り付けて、高いルーメン(照度)で広い範囲を照らすことができます。フラッドライトを高くすると、照らせる範囲が広がります。

固定天井 / 壁面取り付け型ライトは、一時的な照明システムが必要な場合に最適です。天井又は壁面に照明を取り付けることで、床や通路を占有しません。Festoonライトは、所定の位置に固定して照明を確保できます。一連のライトや電球をつなぎ合わせたもので、主に通路や小道を照らすために使用します。

環境。

作業灯が使用される環境を考慮してください。屋内専用のサイトライトや、 防水性があり、屋外や危険な作業エリアで使用できるサイトライトもあります。多くの作業灯は、耐衝撃性ガラスによる保護(IP)等級を備え、埃、 液体から保護されます。

どのような電球を使用すればよいですか?

ほとんどの作業灯には、LED又は蛍光灯 / チューブライト(一部はハロゲンタイプ)が使用されています。LED電球と蛍光(高輝度)電球はエネルギー効率の高いソリューションで、どちらも光を均一に拡散します。LED作業灯は、蛍光作業灯よりも長寿命です。


...
もっと読む 詳細の非表示

絞り込み

1 件中 1 - 1 件を表示
1ページの商品数
商品の概要 価格(最低価格は商品詳細ページでご確認ください) IP評価 シリーズ タイプ 再充電可能 定格電圧 定格電流 材質 欧州エネルギー効率等級 消費電力 直径 長さ 電球タイプ 電球付属
RS品番 136-2904
メーカー型番LPM
メーカーLumila
¥37,426.00
購入単位は1個
IP65 LUMIPACK MINI 作業用照明 あり 12 V dc 250 mA 30 mm アルミニウム A 4.5 W 45mm 110 mm LED あり